写真をクリックすると
拡大表示されます。



電子工作



PIC(マイコン)を使用した赤外線リモコン


SONYのテレビリモコンの一部が使えるリモコンで、
以下の図の通りに動作するようにプログラムしました。

モード切り替えボタンを離した状態 モード切り替えボタンを押した状態


プログラム
プログラム (SJIS)
プログラム (UTF-8)


使用部品リスト
部品名 定格、値 記号 個数
PIC16F84A   U1 1
ICソケット 18P   1
セラミック発振子 4MHz X1 1
チップ抵抗 10KΩ R1 1
抵抗器 10KΩ R2, R3 2
抵抗器 1KΩ R4 1
2SC1815   TR1 1
タクトスイッチ    SW1 - SW11 11
ピンヘッダ 1列 2P CN1 1
赤外線LED    D1 1

リストにある「-」(ハイフン)は「1から5」などを表す。
例) SW1 - SW5 = SW1、SW2、SW3、SW4、SW5

R1のチップ抵抗は誤作動(スイッチを押して1になるはずが0になったり)するため、後付けしました。
後付けした写真


回路図





波形データ

メーカーはSONY

リモコンをオシロスコープで測定した結果が以下の通りになりました。
以下の図はキャリア周波数38KHzの赤外線受信モジュールの出力を反転させてます。

テレビリモコン - 電源ボタン


自作リモコン - 電源ボタン


左側 右側
テレビリモコン - データ放送の「d」ボタン

    
左側 右側
自作リモコン - データ放送の「d」ボタン


見やすくしたのが以下の図です。



アナログ放送のみのリモコンとデジタル放送対応リモコンが同じ機能をもつものは12ビットでした。
例えばチャンネルの上げ下げや、音量の上げ下げなどです。

デジタル放送対応のテレビしか使えないリモコンのボタンは15ビットでした。
例えば「青」「赤」「緑」「黄」ボタンなどです。